遺品整理.com

時期

遺品整理のベストな時期には個人差が

遺品整理の時期には特にルールはなく、家族の考え方や状況によって適当な時期が異なります。
葬儀後はまだ、故人に対する気持ちが整理できない場合が多く、故人にまつわる品物を見ることができない方もいます。
遺品整理は故人に対する気持ちの整理の意味合いもあるので、49日などの法要などを、一通り済ませてからゆっくり行うこともできます。
形見分けは49日を終えてから行うのが一般的なので、形見分けも考慮しながら、49日以降に始める方が多いと言われています。
故人が賃貸住宅に一人暮らしをしていた場合などは、出来るだけ早く退去を求められることもあります。
その時は遺品を別の場所に移してから、後で整理することもできます。
遺品整理の専門業者も増えており、供養システムや形見分けサービスの充実、一般的なリサイクルショップはもちろん、骨董品など特殊な品物の買取業者と連携している業者も増えています。
家族の負担になる場合には、業者に依頼することもできます。

遺品整理を行う時期の考え方

自分にとって大切な家族が亡くなり、お部屋を改めて見回すと、思い出の品がたくさんあることに気づかされることも多いでしょう。
一つ一つに故人の思い出が詰まり、いつまでも保管しておきたい気持ちになることも少なくありません。
同時に、スペースなどの問題から、処分しなければならないものもあります。
こうした遺品整理の必要性がある場合は、その時期が問題となります。
できるだけ故人をそばに感じていたいという人は、自分の気持ちの整理がついてからゆっくりと少しずつ始めるのがよいでしょう。
49日や1周忌といった一つの区切りを機会にすることも考えられます。
逆になるべく早く気持ちを切り替え、新しいスタートを切りたい、というような人は葬儀などの日程が一段落した後、早々に着手することです。
このように遺品整理の時期に正解はなく、遺族の故人に対する思い次第となります。
親族と十分相談の上、みんなが納得できる時期を選びたいものです。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/3/2

COPYRIGHT(C)遺品整理.comALL RIGHT RESERVED