遺品整理.com

資格

遺品整理業の資格について

遺品整理を代行してくれる業者があるのですが、特別のこの仕事をするのに資格がいるわけではないのです。
要するに掃除をする、ということになりますから、別に国家資格があるわけではないのです。
但し、仕事の性質上、不要なものがあったら、引き取って処分することもあります。
これが廃品回収や古物売買に当たる可能性がありますから、そうした許可を得ておく必要があります。
資格、というほどではないのですが、こうした許可は得ていないといけない可能性がありますから、やるのであれば、よく考えて実行するべきです。
遺品整理の仕事と言うのは、実はかなり簡単にできるので、起業するものとしてもお勧めできるのですが、それなりのノウハウが必要になりますから、最初は既存の企業に入り、そして技術を磨くことです。
要するに片付ける仕事なのですが、それでもこれから間違いなく、需要が増すことになりますから、起業をする方法としてはお勧めできる業種なのです。

遺品整理にも民間資格がある

遺品整理は通常残された家族や親族が行うものですが、遠方に暮している等の事情や故人に遺族が居ない場合などには業者に依頼する方法もあります。
現在遺品整理を請け負う業者にはこれを専門とするところもありますが、多くの場合不用品回収や清掃、運送業者などでその業務の一環として行われているところが多くなっています。
そして、遺品整理自体は特に公的な資格はなくどの業者でも行うことができますが、故人の思い入れのある品を扱う点で特殊性があることから、その心情面に配慮した手順や処理方法など適切な知識と経験を担保するものとして現在では民間の資格があります。
この資格は遺品を扱う上で必要となる実際の手順や故人や遺族への配慮等だけでなく整理業務に関連する法規制の知識なども身に付けることで付与されています。
また、この民間団体では認定するだけでなく全国的なガイドラインを設けて、未だ行政機関によって整備されていない業界内の健全化を図っています。

recommend

2017/3/10 更新

COPYRIGHT(C)遺品整理.comALL RIGHT RESERVED